第2回 船橋市・ヘイワード市の姉妹都市オンライン交流会を開催しました

 オンライン交流会で姉妹都市交流を振り返る テリー・リーさん (背景はモロー高校の玄関)

3月13日(土)船橋市と米国ヘイワード市の姉妹都市交流会を、
日米の参加42名ほど、ZOOMによるオンラインで実施しました
(今回は英語セッションです)

 コロナウィルスの感染が治まらない中ですが、 テリー・リーさんを特別ゲストとして
招いて、両市の姉妹都市交流の歴史を中心に話していただきました。
テリーさんは在ヘイワード市私立モロー高校理事長 船橋ヘイワード姉妹都市委員長他
多方面で活躍中です。
来日も8回ほど、日本各地の文化や食べ物にも興味を持ち金沢には特に高い関心を
もっているようです。


 両市は1986年(昭和61年)姉妹都市提携をしました。
ヘイワード市はサンフランシスコのベッドタウンとして、又船橋市は東京の
ベッドタウンとして急成長する大都市を支えながら発展しました。
ともに湾岸都市であり、地理的な環境が似ていることもあって 両市の姉妹都市提携が
成立しました。


 両市は交互に友好訪問を続けていますが、2011年にはヘイワード市で25周年記念の
交流が行われて、カリフォルニア州立大学イーストベイ校(船橋から毎年留学生を
派遣している)のキャンバスツアーで同校のキャンバスや学校の内容などを
見学しました。
又市立船橋高校の姉妹校であるモロー高校では素晴らしいジャズバンドの歓迎も
受けました。日本団は お返しに炭坑節の盆踊りや当時大流行の“上を向いて歩こう
=スキ焼ソング”など合唱で答えました。


 ヘイワード市ダウンタウンにあるジャパニーズパークには きれいに整備された
日本庭園の中に、 “友好の碑” と刻まれた記念の石碑があります。

ヘイワード市庁舎で行われたパーティの後の記念撮影では、楽しく交流する100人を
超える参加者の姿もありました。


 船橋市で2017年に行われた30周年(2016年)の記念交流では、来船していた
モロー高校のジャズバンドメンバーが開催中の のミュージックストリートで急遽演奏に
加わる演出もあり、大いに盛り上げてくれました。


 今回のオンライン交流会では、長く友好交流の中心となって活動をつづけている
レイ・ツルモトさんの元気な姿もあり 関係の方も喜んでいました。


 今、コロナ感染の影響で 学校での対面授業が実施出来ないモロー高校では、
パソコンでZOOMなどを使った オンライン授業で工夫しながら授業を続けている
とのことです。長引くコロナ禍の影響を早く収めて、正常な生活や勉強が
出来るようになるといいですね。


次回のオンライン交流は5月に、日本語での姉妹都市交流を予定しています。  

   関係の写真です。  クリックすると中くらいの大きさになります。
      (写真提供は、Hayward-Funabashi Sister City Committee です)
姉妹都市提携初期の交流です
1988年8月青少年の翼としてヘイワード市訪問
ヘイワード市ダウンタウンの
ジャパニーズガーデン内にある友好の碑
   
 船橋市アンデルセン公園内にある
記念植樹ハナミズキ前にある絆プレートと
ツルモトさんご夫妻
 友好の立役者 レイ・ツルモトさんはお元気です

船橋市国際交流協会   船橋市湊町2丁目10番25号  TEL:047-436-2083  FAX:047-436-2089